«  | トップページ |  »

2004年6月 6日 (日)



寝ようといいながら、まだ起きている。

別用で秋葉原に出向いたのだけれど、ついでに(?)秋月へ。

ところで、マウスにデータストレージ用にSRAMを搭載したときに、どうやってバックアップ電源を搭載するか?ということで悩んでいた。
ありがちな2016とかのボタン電池は、ホルダーも手に入りやすく、電線が取り付けられているものもあり、基板取り付け用の足が溶接されているものもあったり、いろいろ便利なのだけれど、いかんせんサイズが大きすぎてL/Oが難しい。
データ保持期間なんて知れているし、出来れば、もっと小さいサイズのボタン電池を使いたいのだけれど、ホルダーをなかなか見かけない。digikeyにあるのだけれど、1個500円...なんだか購買欲をくすぐらない。
確か森永マウスは小さめのリチウム電池をワイヤで取り付けていた。(直ハンダ?)
電線で取り付けるのは、肝心なときのトラブルのもとだし、出来ればホルダーを使いたいところだ。

ふと秋月の店頭をみると、小さめのボタン電池ホルダーが売られている。ただし謳いは1120サイズ用となっている(確か)。酸化銀電池じゃあ、バックアップに2個必要になる。これじゃなあ...と考えていたのだけれど、よーく物をみると1120にしては、なんだか違うような気がする。
1個(100円也)ゲットして帰り、ためしに1216の3Vボタン電池をはめてみるとビンゴ。
やはり1120や1130用ではなくて、12xxサイズ用のホルダーのようだ。こんどまた秋月に行ったときに、いくつか買っておこう。掘り出し物とは、こういうものだ。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »