«  | トップページ |  »

2004年5月11日 (火)




モータードライブボード配線終了(?)
ハードな戦いであった...しばらくハンダ付けは、いいです...

なんとなく、それとなく、BasicMouseのモータードライブ基板の雰囲気が出てるような気がする。そこは満足。
火入れは日を改めて。
残すはCPUボードのセンサボードとの接続部分のみとなった。

今回のモータードライブ回路は、03Bとは異なり、ON/FREEの構造になっている。デューティOFFサイクルのときに、還流回路にダイオードが残るタイプ。

よく考えてみると、この方式ならば通電方向を変えない限り、いわゆるデッドタイムは必要ないのでは?という気がしてきた。
通電方向を変えるときには必ず、デューティ0%のサイクルを1つ挿入すればいいのではないか?
だとすると、もっと効率のよいシンプルなゲートドライブ回路が作れる。
もしかして、というより井藤さんや井谷さんの回路は、要するにそういうことなのか...

話では何度も聞いていたはずなのだけれど、自分の頭の中でかみ合うまでに、ずいぶん時間がかかっている...

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »