«  | トップページ |  »

2004年4月14日 (水)



マウント基板仮止め。7ピンのL型ヘッダ、真ん中の1箇所だけ半田付けして、様子を見る。
L型ヘッダのピンは、ぴったり90度に曲がっているわけではないので注意。プラ部分が基板にぴったり密着する角度で取り付ける。
半田付けも1箇所だけだと、簡単に修正できる。

ピッチが大体あって、組み立てられるか確認。

------

シャフトの芯を出す(ように努力してみる)。

ギアをベアリングにはめてみて、穴からエンコーダーのシャフトを覗き、真ん中にあるか確認する。
各マウントをよく観察し、どの穴がずれているか見極めて、各取り付け穴をヤスリで少しずつ調整。
調整すべきはモーターマウント&エンコーダーマウントのφ3穴と、エンコーダー取り付け位置。
エンコーダーのシャフトが通っている穴は、φ3.6位であけている。

真鍮シャフトも仮に固定し、この穴からも覗いて、大体真ん中に来るように調整を繰り返す。
エンコーダーマウント基板と、モーター本体の干渉も要注意。

この時点では、まだ固定しない。組み立てが成立することが確認できればok。

------

明日くらいにCPU基板が届くような気がする。
早めの帰宅を目指す...予定...

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »