トップページ |  »

2004年3月14日 (日)



走行パラメーターについて考える。

日々調整していて、走行系のパラメーターが日によって揺らいでいるような気がする。
おそらく、そのときの気温、湿度変化などにより、トレッド面の具合が変わっているのだと思う。
見かけのトレッド寸法が揺らぐと、2輪マウスの場合スラロームなどの旋回半径が影響を受けてくる。

メカ的に影響を受けにくくする方法を考える...

2年ほど前に、横浜に全国大会を見に行ったときのこと。
韓国マウスが走行前の調整に、しきりに10連続くらいのスラロームをさせていたのは、これの調整をしていたのか?

センサで補正をかけるとよさそうだけれど、現在のルールでは探査走行中に自動で補正をかけるしかない。
やはりジャイロを活用すべきなのか...

|

トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

トップページ |  »