トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004年3月31日 (水)



本業高密度進行中。
大変忙しいがストレスが少ないので、妄想に耽る時間がない。

妄想L/Oは、例会後の場である程度ひらめいた。
多分、成立するとおもうのだけれど、できれば構成要素単位でテストしたいところ。
再現性を高くするためには....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月30日 (火)



妄想企画検討中....

CPUボードはどうしようか。
トラ技基板がよさげと思うけれど、1枚しか手元にないから、トラブルが起きたときに困りそうだが....
L/Oは、3694でも3664でも同じだから、クロック25%upは魅力だ。

本業もなかなかのタイト進行なのだけれども、こういうときには
ストレスもたまりやすいので、時間がない割には趣味も進んだりする。

L/Oを先に言ってしまうと、ほとんどネタがわかってしまうので、動くものを先に作ってしまいたいな...

いつもの悪い癖か?いやいや、03Bの斜めもMUST項目だけれども、ここは急がば回れというべきところだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月29日 (月)



例会で発表した際に、今使っているバッテリの限界は、もっと高いのでは?との意見をいただいた。
なるほど。模型用だしそういうこともあるのかもしれない...

ステッパでの経験値。
短時間4C瞬間6C、と特に疑問を持たずにいたが。
もっといろいろ計測してみたほうがよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月28日 (日)



支部例会に参加...発表者なのに10分も遅刻してしまう。
すいませんでした>各位

試走会は今までにない安定度で、初めて探査タイマーが利いて停止するまで探査走行できた。満足できる内容だった。
第2走行は、まだまだといったところか。

その後の2次会で、いろいろアイディアを頂く。
意外といった点で、ちょっと面白そうなネタを思いついた。
時間が取れるかどうかわからないが、考えてみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月27日 (土)



やっと帰宅。いまから資料を作らねば...
間に合うのだろうか?
出来た内容で発表しよう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月26日 (金)



ひょんなことでMCP1253-33X50という石を見つけた。
SSOP 8P。外付けコンデンサ1個で、3.3または5V120mA程度を取り出せるようだ。
この石が使えれば、電源系は3.3Vで統一できそうだ。

最初は232レベルコンバータのチャージポンプから、5Vを流用しようかとも思ったけれど、100mA以上も取れるなら、トリッキーな事をしなくてもすみそうだ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)



覚え書き

結局、バス以外ではPA16のみ出ていない。
コンセプトはTiny(?)
シンプル&ローコスト
できれば通販でも秋葉原でも、部品調達可能な事。
ありそうで意外と...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月25日 (木)



サンハヤトのサイトに、トラ技付録基板の同等品が出ている。
いくらの定価が付くのだろうか?
内容からしても秋月Tinyよりは安くなるだろうし、
もしかすると、トラ技4月号よりも安く出たりしないだろうか?

オークスのR8C基板も格安なのだけれども、微妙にマウスにはメモリーなどが足りなさそうな感じがしている。

3694ならば、下限ぎりぎりな感じでベストマッチと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月24日 (水)



西方へ帰省しています。
日記にFTPを使わなくなったので、どこでも更新できるのだけれども、ノートPCのACアダプタを持ってこなかった...
今週末の支部例会用資料を作ろうと思っていたのだけれど...ピンチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月23日 (火)



明日から休みをとって遠出をするために、本業の進行もタイトになってきているが、なんとか滑り込めたようだ。

走行データを検討して、03Bの限界について考える。
データの示す内容からすると、やはりボトルネックは....
ここを突破するには、回路の変更が必要だ。

なるべくスマートな改修方法を考える...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月21日 (日)



アートワークは一応の完成をみた。
結局外形は当初の予定通り45x35におさまった。これ以上小さくするのは、ピンヘッダーとの兼ね合いも考えると、ほとんど無意味だと思う。
セオリーからはだいぶ外れているけれど、趣味の基板だし、まあいいか...
面積的には、トラ技付録基板やベステク7047ボードとほとんど同じだ。若干細長いので、L/Oでは有利なはず...

しかし盲点が。面付けして発注しようとすると、穴数のリミットを大幅にオーバーしている.... 

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ついついアートワークに、はまってしまう。
なんとか、35x45に収まりそうな気がしてきた。

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月20日 (土)



データを計測してみると、今のマウスの弱点や限界がおぼろげながら見えてくるようだ。感じる、のではなく見えるのは大きい。
制御でまかなえる可能性があるものはともかく、動力性能とかの部分はいかんともしがたい....

しかし03Bの限界は、03よりだいぶ高そうだ。
当面は今の03Bの制御ソフトを作りこむけれど、次期モデルの検討も視野に入れておくべきかな?と思い始めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月19日 (金)



今日もまた、北関東。
快晴、無風。でも空気は冷たい気がする...
やはり、都内とは気候が違うようだ。

------

やっと休みになったので、棚上げになっていたCPUの交換作業をする。
何日かぶりに復活。
さて、データ取り再開しようか。

------

アートワークは、待ち時間に検討。
やっぱり、小さくしたい気がしてならないが、さっさと形にしたい気もする。
心は揺れる...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月18日 (木)



アートワーク。結線終了。
つながってしまうと、スカスカに見えてくる。
いや、実際スカスカだ...

眺めていると、うずうずと小さくしたくなってくる。
しかしなあ...小さくするなら、いきなり5mm(0.2inch)つめるしかない。
そうでないと、28Pなんていうピンヘッダーになってしまうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月17日 (水)



一転、きょうは南関東。
今日こそは大丈夫かと思ったら、風が強くてまいった....

------

アートワークを続行。

以前のサイズでは、ちょっと無理っぽい感じだったので、少し大きくした。
03のレイアウトの時くらいの集中力を出せれば、押し込むこともできるか?とも思ったけれども、汎用品(?)を目指して凝り倒すのもなにか違う気がしてきて、無理しない路線に変更。
粛々と、さくさく進めています。

現在サイズ、50x35。
これでも入らなかったら、もう一回り大きくします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月16日 (火)



朝から北関東へ。
家の近所は小春日和なので、軽装で出かけたら日陰は寒かった。
しまった、油断した....

------

実機がストール中のため、アナデバのジャイロについて考える。

ロジック系はすべて3.3Vでまとめたいのだけれど、
こいつだけは5Vを要求する。
データシートを斜め読みすると、内部で12Vを作っているらしい。
いっぱいつけなければならないコンデンサは、チャージポンプのためのようだ。

松本さんのように、5V混在で行くべきなのか...
そうすれば、光センサも実績あるし。

妄想中...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月15日 (月)



フラッシュが書き込めない...いよいよ寿命かな?
ビルドカウンタによると、1500回くらいだと思われる。
もう少し使えてもよさそうだけれども。

張り替えたいけれど、時間が取れるのは週の後半にならないと無理。
しばらくマウス休養期間か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月14日 (日)



走行パラメーターについて考える。

日々調整していて、走行系のパラメーターが日によって揺らいでいるような気がする。
おそらく、そのときの気温、湿度変化などにより、トレッド面の具合が変わっているのだと思う。
見かけのトレッド寸法が揺らぐと、2輪マウスの場合スラロームなどの旋回半径が影響を受けてくる。

メカ的に影響を受けにくくする方法を考える...

2年ほど前に、横浜に全国大会を見に行ったときのこと。
韓国マウスが走行前の調整に、しきりに10連続くらいのスラロームをさせていたのは、これの調整をしていたのか?

センサで補正をかけるとよさそうだけれど、現在のルールでは探査走行中に自動で補正をかけるしかない。
やはりジャイロを活用すべきなのか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年4月 »