2024年4月15日 (月)

趣味と

ものつくりの趣味って、新しいことやることで
まあ飽きずに続けられるし
分野によっては意外とお金もかからない、
ってことで、コスパのいい趣味だとは思うんだけど
どうしても個人でやるので、
そんなに大きな規模の物ではないんだよな

その点、本業の1/1って、やっぱり
掛かっている諸々が、趣味とか
あるいはベンチャーの扱うものとは
ちょっと規模が違うので。

これはこれでというか、実際
こっちのほうが楽しいんだよなあ....

------

日々、色々なメンバーに、その辺
伝えながらやってるんだけど。
最近は、みんなその辺が
だんだん分かって来てるようで、
良い感じだ。

あんまり喧伝するものでもないので
むやみに成果アピールしたりは
しないんだけど
深く静かに浸透している感じだ。

よしよし、これでいいんだよなあ。

これがそのうちどうなるかというと....

| | | コメント (0)

2024年4月 8日 (月)

難聴

数年前から補聴器使ってるんだけど、
実際片側だけで聞いてた時期も結構長かったりする

で、これって、音が一律小さく聞こえる
わけじゃないんだよなあ
それだったら、簡単な話?なんだけど

相手の話(の中身、意味)が聞こえづらい、
って人は、まあ脳のほうかもしれないけど、
実は単に難聴が出始めてる、って
事かもしれない

------

これ、実際には聞こえる音、聞こえづらい音
の周波数が混在している感じ

まあ、周波数の高い低いだけど
実際にはもっと細かい

実際(自分の体で)試してみると
本当に数Hz程度の差で顕著な
差があるのが分かる

調べてみると実際に耳ってそういう
構造みたい。人体の神秘だ

まあ、絶対音階とか、楽器の調律が
できるんだから、そういうもんかもしれない

聞こえないんじゃなくて、
櫛の歯が欠けてるように聞こえない
領域がある、って感じだ。

普通の?検査では、もっとざっくりとした
帯域の検査しかしてないので
検査する側、される側、
現象が把握できないような気がする

------

聞こえない音がぽっかり無音に
なるわけじゃなくて、上下の音に
分散するので、
音がずれているんだけど
音量としては減らないので、それと気づきにくい

でも、音声としては意味をなさない音に
変換されて脳に届いている感じ

視覚でなら欠損があっても
眼球が動いてそこをカバーするので
余り気づかない、ってのもあるだろうけど
聴覚だと、そういう訳にもいかないので

------

全体的には音が聞こえるけど、
実際には意味を示す肝心のところ(音)が
ところどころ聞こえないので
結果的には、会話が聞き取れない、
って状況になる

音は聞こえてるので、耳は悪くない、
って感じで、
これ、自覚症状で気づくのは、
難しいと思う

------

基本的には聞こえない物が聞こえるように
はならないので補聴器とかの
お世話になるんだけど


聞こえてないのを無理していると
どっちかというと、
社会性のほうが棄損されて行って、
ゆっくりと、関係がおかしくなってくる

まあ、このあたりは個人の考え
かもしれないけど、

普段の会話の聞き取りに困ってるようなら、
補聴器試してみると良いと思う

実際に難聴が進行しているのかもしれないしね

| | | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

見えてる範囲と、議論の空転

まあ、人間、自分の見えてる範囲、認識できてる範囲で
物を考えることしかできないので。
これはまあ、物理限界なので、
それ自体は避けられない物ではあるんだけど。

それを認識しているかどうかが、議論の空論化?
なんかに直結する話なので、論を張ったりするんなら
自分の認識、世界と言ってもいいか、を把握して
立ち位置を明らかにしないといけないよな、とか思う

全く今更なんだけど

netの海に漂う、あれこれの論。
まあ、立ち位置というか、
これこの人、ほとんど何も知らずに論張ってるなあ、
なんて思って、見てたりする。

------

物づくりなんて、出来てるつもりの人
自分もか... が多いので、くらくらすることも多い

例えば自動車の話、なんてのもよくあるな...

昨今のEVとかAIとか、まあはやりの分野もあるけど
車のハードとソフトの議論とかばかりで、
何だこりゃ、なんてのもあったり。

------

車のハードと、制御ソフトだけで
自動車が成立するならば....

例えば、氷山なんて、水面上の物だけでできちゃうよ....

スマホでいえば、液晶とバッテリ、
通信モジュール組み立てて、
あとは、iOSかアンドロイド入れれば、
もう何でもできる、って思ってるようなもんだ

そりゃ、その程度のガジェットなら、簡単に作れるよ。
でも、そんな話をしてもしょうがないだろう?

そもそも基地局、インフラ整備運用とか、
膨大なサーバーのあれこれ、各種法律、
規制とか、その辺一切合切抜きにして、
議論しているようなものだ

君にとってのスマホって、
その手に持ってる板切れがすべてなのか...とか


------

暇つぶしの娯楽以上の話では無い、
てなら良いけど、何か主張するには
余りにも稚拙だなあ、とか感じたりもする

そんな話ばかりするなら、
相手というか、世間?が相手にしなくなるもの
そりゃそうだろ、という感じだけど

悪いのは周りのほうだ、なんて毒が見えたりすると
如何すりゃいいんだろね、これ、
って気持ちになる


まあ、とはいえ、実際には
見かけたときに一瞬、悲しい気持ちになるけど
それ以上のものではなく、
粛々と楽しくやってるのではあるのだけど、

| | | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

ふと気づくと

本業にて。

色々出来て動けるメンバーが
結構増えてきている。

最初はまあ、ちょっと時間かかるけど
スペックもいいし素性が素直なので、
色々はまってからの伸びが良い感じ

ああ、これなのかあ、という気持ち

------

確かに、まあ即戦力?はありがたいんだけど
実際伸びしろ少なくて、息切れするようだと
トータルでは全然マイナスだ

数年レベルで見るとその差は歴然

現状でも十分なのだけど
この先も伸びていく感じで
これだよなあ、という気になっている

------

ちょっと前、始めたばかりのころは
当人や周りの認識もまだまだで、
全然進まないというか、そもそも
トラブってたりしたけれど。

そのトラブルがあったおかげで、
皆の認識が整理されて、
ことさら余計な話しなくても、
アレだよ、といえば通るように
なったのも大きい。


------

一番肝心の、この環境を
どう使っていくか?について、
実践の話が出てきてるのが強い

こここそが(人生?のw)本質


例えば、環境のホワイトブラックなんて、
もうどうでもいい話なんだけど
それが分かって来てるのが良い感じだ

------

軌道に乗れば、そもそもの基盤の強さは
桁違いなので、ボーナスステージ状態
ではあるんだよな

勿論そこで終わりじゃなくて、
ようやくここから収穫?ターンなので
いろいろおいしいもの、取り込んで
いきたいところ

まあ、もうすでに相当取り込んでは
いるんだけど
まだまだ取れるよなあ、これ


そもそもみんな、割と持ってるモノあるので
それが生かせる環境ってのは、そりゃ、
いい方向に行くしかないんだよなあ

| | | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

タイマーペリフェラルでPWM波形生成

マイコンのタイマーでPWM波形を生成する、ってのは
よくある話なんだけど。

注意しいないといけなのは、このタイマーって2種類あって、
内部に大小比較機(マグニチュードコンパレーター)を持っていて
常時、タイマーカウンターとレジスタの値を比較して
PWM波形を出力するタイプ(stm32のTIMとか)と、

大小比較機を持たず、2つのレジスタのコンペアマッチ
だけで動作して、それぞれが出力の立ち上がりエッジと
立下りエッジ(と、カウンタリセット)
を生成しているタイプのもの
(ATTINYとか)があること

-------

前者はいわゆる、のこぎり波とコンパレータで
動作するタイプの波形生成器のデジタル版で、
特に特別なことをしなくても0~100%の
波形生成ができる

後者は、原理から分かる通り、
立ち上がり、立下りが有ることが動作の
前提なので、デューティ0%や100%とかの
波形の変化が無くなる状態は
特殊な状況になって、
そこだけ特殊な別処理を書く必要がある

動作原理を理解してよくよく考えないと、
難しいバグを内包するんだけど、
これがなかなか難しく、
みんな面倒なことは考えたくないので
いやらしいシステムがよく誕生している....

------

じっくり考えると見えてくるけど、
コンペアマッチで動作する方は
どうしも生成できない波形パターンが
有ったりする。

極端な例だと、1サイクル毎に
0%と100%の波形を交互に出す
なんてのは、出力が難しい、
というか、そうそう出来ないはず

この辺見えてくると、そもそも
どういう風に使うものなのか?
が見えてくる。

------

そりゃまあ、マグニチュードコンパレーター
があれば常に大小比較しているので、
どんなタイミングでレジスタ更新しても
ちゃんと動くし、こっちのほうが便利なんだけど

そもそもマグニチュードコンパレーターは
多ビットになると、ロジックの規模も大きいし
動作スピードもそんなに上げられない

使う側がちゃんとできるんなら、
コンペアマッチで動作するやつのほうが
色々エコシステムだ

-------

そもそも、PWM使う所で、
デューティ0%や100%なんてのが
どうしても必要、なんてことに成るのは
そこまで多くないはず....

それは、対象がサチってるって状況を
示唆するので。

特殊な状況での話、電源OFFとかでなくて、
シームレスに0%とかが必要になる、
ってのは、なんかシステム的に
よく考えてみる、って必要が
あるのかもしれない

-------

と、いうわけで、マイコンのタイマー
ペリフェラルでのPWMは、
0%.100%を使うには、ひと手間かかる
設計のものが普通にありますよ、
って話

マイコンのタイマーって意外と使う人を
選ぶんだよね...

でもまあ、”ちゃんと” 動かせれば
結構、使い出があるように設計されて
いるものなので、各人の研鑽に期待、
という所だろうか

| | | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

公道レース

なんだか盛況だったみたい
それはなにより。

確かに公道コースのレースって、
実に何というか独特の雰囲気あって
サーキットのイベントとはまた
全然違う楽しさがあるんだよね

もし、公道レース楽しめたのなら、
マカオGPあたりオススメ
まあ、ちょっと慣れてないと
難しい面も有るけど

レースそのもの、その周辺、
あとナイトライフも桁違いに
充実しているので
一週間たっぷり楽しむ気なら
マカオGPおすすめだ

自分がまた行くか?と言われると
もう、ちょっと体力的に
厳しいかもしれないけど

| | | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

スキッドステア

って、本来の趣旨からすると、
スリ板付きの2輪(いわゆるよくある2輪マウス)こそが、
本来の意味のスキッドステア機構だよな....

スキッドかスキッドでないかは、
支えているのが、スリ板か従動輪(キャスター輪)かの
違いだろう。たぶん

なので、以降、普通の2輪のことを
2輪マウス(スキッドステア)と呼ぶようにしてみるかな

今更、意味は特にないし、定着させる気もないけど
ちょっと前の ”オーバーシュート” じゃないけど、
誤用が広がるの、却って全体の発展を阻害する気がする

流行前の早めのワクチンみたいなものか

自分では使わなくても、事前に耳にしてれば、
誤用に対して、免疫もできるかも

| | | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

IAP でFLASH消去・書き換え

ああ、これって、そりゃそうだよな
いくらエリアがセクタでわけてあるって言っても
部分でも消去中は、FLASHのすべてのエリアが
アクセスできない...(読めない)

STM32F427とかは2バンク持ってるから、
片方のバンクでプログラム実行中に、
反対側のバンクを操作できるけど。

F40xでは一つなので、フラッシュを操作する
プログラムを、フラッシュ上からは実行できないのだ

------

なので、組み込みっぽい手管を使うんだけど。
それを使っているんだけど、なぜかプログラムが
暴走するんだよなあ....

ちょっと気分転換にふろにでも入るか....
とかやってると、体洗っているときに
この現象が起きるメカニズムに思い当たった

ああ、これだろ?
とゆっくり入浴を済ませて、
今日半日悩んだコードに、ほんの数行追加すると.....

はたしてばっちり思い通り、
オンボードフラッシュの操作に成功した

------

そりゃ分かってしまえば、なんてことないんだけど
こういうバグ、回路図見てもプログラムコード見ても、
まあ、そうそう気づくもんじゃないよなあ...

経験があれば早いけど、時間で経験を買うのは
コスパ悪すぎる気がする

ともあれ、これで結構みんながハッピーになる
ツールの実装にめどが立った
これがいわゆる DX ってやつだ

------

最近はすっかりモデルベースが下火で
息してない感じなんだけど、
同じ文脈で、こんどはDXとか言い出していて
ちょっとげんなりする....

エクセルのセル埋めが主業務なのに、
それをDXって呼称するのは、
流石に周りに迷惑なんじゃないかなあ

子供銀行券で支払する、とか
言ってるのに近いよな、これ。

| | | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

よく分ったのは

この年にして、だけど。

最初の失敗は、人間、まあうっかりレベルなんだけど。
そこでサクッと謝ったり、
迅速な軌道修正ができるなら
もう、全然なんてことないことなんだけど

そこでなぜか、色々と正当化?逃避?
社会が悪い、日本が悪い、育った環境悪いとかとか....
だったらそれでどうするんだ?
(そもそも謝ったりしないんか?)というパターンに陥る性格だと。

たとえ絶対的な正解が目の前にあっても、
もう二度とそこに手が届かなくなっちゃう、
ってことか、と

こりゃ、どんなに人生の攻略方法が確立してても
自らの”何か”を守る?ために、ずいぶんと難儀な
選択しかできなくなっちゃうのか...

人生、ハードモードを自ら選んでる、ってことだ。
まごうことなき、社会でも国でもなく
本人が台無しにしているね....

こりゃとても助けられない。

-------

そりゃ不幸にしかならないし、局所的な
箱庭の楽園を作るのがいっぱいいっぱいになるのも
うなづける。
まあ、でもそれで満足すりゃいいんだけど。

これって、人生の大事なコツって感じなんだなあ
ここを普通に抑えるだけで、
コスパがめちゃめちゃ違うよなあ

で、本当はこんな箱庭なんか、全然欲しくなかった、
って感じなんだろうな...

ま、途中でちゃんと悔い改めて、
逃避なんてせずに向き合って、人としてまっとうな
ことを始めれば、そこ起点ではベストな選択ができる
もの確かだ。

でもまあ、過去に取りこぼした大物は
もう取り返すことは出来ないんだけどね
人生って、結構単純な話なんだよなあ...

| | | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

帰着

数年来の仕込みの、最初の運用から帰着

あっという間の6日間ではあった
自分がメインで手を動かしてない物って、
なんだか初めてかもしれないな....

でもまあ、結果は色々あった分も含めて
上々といえよう

関係各位、お疲れさまでした

中日に祝杯は挙げていたんだけど、
まだまだこれから色々広がってくと思うので
その都度祝えばよいよな

------

やっぱり、何を如何言おうが、
やったのとやらなかったのでは、
もう、どうにもならない開きがあるんだよなあ.....

そりゃ、全員平等にやってなきゃ、
やらないことがリファレンスだけど。

そこに、やった、ってのが発生すると、
今までやらなかったのとは、別の軌道にのっていくので
時間がたてばたつほど離れていく一方だ


今どきは、なんだかんだ言い訳?正当化?
も、まあなんとなく許容する?世の中だけど

結局、やった、ってことの圧倒的な
もの、状態からどんどん遠ざけて
しまうよなあ、と感慨にふけったりする


やらなかった、やれなかった者が何を言おうが、
言うだけ自ら沈むだけだ
感のいいのは、もうすぐに何も言わなくなるし
味方も増えてく

-------

まあ、とりあえず第一段はうまく機能したので
引き続き、次を繰り出していくだけだ

やってきゃ何処までも行く、ってのを
示すいいチャンスだし


| | | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

外仕事

数年ぶりに外に出て、仕事?をしている

もう自分でやることは少ないんだけど、
この感じは久しぶりだな....

相変わらずマイコン使ってあれこれ、の、
延長応用なんだけど、
こういうの、楽しいなあ....

そこそこ長丁場で日曜まで

趣味活動もままならないけど、
実際こっちのほうが楽しいので仕方ない

------

ここ数年?本業で色々やってきたことのマイルストーン
おおむねうまく行っているようだ

物は作ればいい?のでわりと単純な話なんだけど
それに伴った色々な人の気持ちとか
まあ、意識?ってのは直接工作できないので、
いい方向にもっていくのは色々難しい

でもまあ、一つのサンプルは出来たかなあ...

------

結局、やる気ない、とかやり方が気に入らない
なんてのはよくあるんだけど、
本当にそれが理由なのか?という視点で。

実際にはそれらは表面上の理由付けで
実は、なにか承認欲求の表面化だったりする
まあ、平たく言えば甘えだ。


そういうの、まあ、気持ちは分かるんだけど
他の人の迷惑だったりするので、隔離した場所に
置いておかないといけない。

今回のマイルストーンまででも
そういう事例で色々障害があったんだけど。

待ち構えて、ほら、これだよ、
と言って示す材料になったので
まあ、そこそこの時間は費やしたけど
まわりの人間の気持ちに答えを持って
もらうことは出来たし、
もう、そういうムーブの個性は、
呼んでくることは無くなったろうなあ、と思う。

これが、将来に禍根を残さない、って
事なんだろうな。

------

今やってることは、まあ、掛け値なしに
面白いんだけど。
やっぱり個人のメンタリティとかの
整備なしには、続けていけないんだなあ、という感想

どうしても気持ちが納められないってのは
遠くでやってもらえばいい話なんだけど


それなり大きな企業であれば、社会福祉の一つとして、
所属のメンバーのメンタルケアにも付き合う
必要がある、ってされてるんだよね....

まあ、ロジックとしては分かるんだけど
でも、一定割合で淘汰していかないと、
結局国力?体力?を削ぐことになって
まあ、この現状があるんだろうな、てのも思う

| | | コメント (0)

2024年3月 5日 (火)

ああ、考えてみれば...

トレーサーでプロペラつけるのとかが、
グレーゾーン??とか、大目に見られていたって
まさしくそれを示唆している気がする。

普通に考えりゃ、吸引機構禁止なら
当然プロペラ禁止だよねw
グレーゾーンでも何でもない

それがどうしてこんな運用になったのか
と考えれば....


禁止を決めちゃって公開した直後、
まさにそのタイミングに
なにか、内部の意識が大きく変わって
急遽方向性が変わった、ってくらいしか
自然な?流れを思いつかない

本当は即時撤回しても良かったくらいなのでは?
実際にやったら、そんな朝令暮改は、迷惑な話だけど

他に何か、考証があれば聞いてみたいが


どうでもよい話ではあるんだけど、
なんか妙な歴史解釈だけが独り歩きするもの
なんだかもやもやする話でもある

まあ、結果的にヘンテコな規制が
かからなかったのは,実に
よかったとは思うんだけど
人の意識は、どうにもならないんだよな...

| | | コメント (0)

2024年3月 4日 (月)

吸引機構

あ、いや....

トレーサーで禁止になったあたりで、
マウスでも全面的に禁止にする動きだったよ....


なんで(結果的に)禁止にならなかったか、
なんて話、考察は、まあ、歴史に
埋めればいいと思うけど

これ、不自然な話だと思うのが、
自然な気がする


今回も解禁になったのは、その時、マウスで
禁止にならなかった理由と、同じなんじゃないかな
とは思う。

そうでもないと、合理的な説明なんて
つけられないでしょ。

自分でも、他で納得できる理由、
聞いたことないし
なんだか、適当な話はよく聞いたけど。


あの時、トレーサーではすでに決定済みで、
もう間に合わなかったんだよなあ.....

いったん何か理由つけて決めちゃったら、
それを覆すには、これほどの時間がかかるって
事なんだよなあ。

| | | コメント (0)

2024年3月 3日 (日)

運用システム

何時でもそうだけど

何かある程度まとまった物を作るとき。
そのものを作るよりも、運用システムの出来を
よくする方が重要、ってのはある。

目的の動作そのものを作るもの大事なんだけど、
それが第一なんだけど。

例えば異常時に安全に止められる、
ってのは本当に大事だ。

せっかく物を作っていても、異常動作で
壊滅的なことが起きてしまうようでは
続けるのがなかなか難しくなる

------

緊急停止、っていう感じではあるんだけど
この緊急停止、ちゃんと考えないと
一部が緊急停止することで、ほかの
独立したシステムが異常動作に陥って、
連鎖的に破綻する、ってこともままある

旅客機が墜落したりするのも
大体このパターンだ

緊急停止なんてものをカジュアルに、
扱ってはいけない....


こういうの、普通に機能を作るよりも
数段面倒で難しいものだ。
でもちゃんとやっとかないと
心折れるものでもあるので
おろそかには出来なんだよな

| | | コメント (0)

2024年3月 2日 (土)

78歳?

で、あのパフォーマンス?

凄いな....というか、
自分が不用に引っ込んでるのでは?とか、
という気にもなってくる

もっと気楽にやればいいのかもしれないね
なんだかんだ言っても、人生、余禄みたいな
もんかもしれないし

| | | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

battery consumption と thermal design

どうもここに帰着するんじゃないか?
という気がしてきて、色々調べてみる。

------

ああ、やっぱりそうじゃん...
これもまた、こういうものの宿命?なのか。

まあ、低消費電力はフラッシュマイコンでも
普通に出てくる話だ。

あ、いや、ロボットとかでは、
そうそう出てこないか....

まあ、おおむね変わらないだろ?という
方針のもと、色々試してみる

------

こっちの文化だと、色々便利なツールが
すでに作りこまれている
しかも大量に....

ごりごりっとやると、だいたいやりたいことが
実装できた感じ。
こりゃ楽だなあ。

------

あ、いや、今この段階では確かに
楽ではないんだけど、行きつく先が
西方楽土というか、約束の地というか
なんだかそんなところに
つながっているのがちらつく。
こりゃ楽しい

そこまでたどり着いたら、
これはやりたい放題、というのは言い過ぎかも
だけど、大分環境が変わってくるのは確か

続けるモチベーション的には、おつりが来そう

| | | コメント (0)

2024年2月28日 (水)

共有メモリー

マルチプロセスの実装は問題ないっぽい
あっさりしたもんだ

しかし、プロセス間通信ではまる
ソケット使えばよいかと思っていたけど
共有メモリなんてのが使えるのが
分かったので、そっちで実装

これもまたシンプルなんだけど...
見た目メモリを共有して居るっぽいんだけど、
これってそう見せてるだけのシステムコールなのかな...

取得されたポインタの値を見ると、
0xb9xx xxxx~とかになってるので、
一応ユーザーエリア内に見えている?ふむ。
元々この辺りってスタックエリアなのか?


しかし普通のメモリーのように、ガサガサと使うと
なんか挙動がおかしい
これは、アクセスを最小限にするのが
よさそうだ。

行けそう?と思ってがりがりと
実装してしまったので、修正が大変。

というか、マルチスレッドだと
この辺、本当に一つのメモリを
それぞれのスレッドでアクセスするので
ゴリゴリのアクセスしても、
ここは問題なかったんだけど。

------

マルチプロセス自体の記述は
シンプルだけど
こういったあたりは
大きく書き換える必要があるな

ソフトが大きくなる前に
早めに確立しておかないと
手が付けられなくなりそうだ

それとも、もっとうまい実装があるのか
有るんだろうなあ...

| | | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

マルチプロセス

シングルスレッドでの実装を、
手動で複数起動しての動作はOK

そこでプログラム起動後にforkして、
それぞれプロセスを分けて実装してみる

プロセス間では、お互いに実行されない
コードの集まり?みたいな構造になるけど、
とりあえず、スレッドセーフじゃないライブラリも
機嫌を損ねず、ちゃんと動いているっぽい。

------

なんというか、無駄な動作のような気もするけど
複数プロセスが起動していても、
結局は実行インスタンスが複数あるだけなので
同じコードを2つメモリ上に置いているわけではない
感覚的には、ほとんど余分なリソースは
使われてないのだよな

このあたり、普通のフラッシュマイコン
プログラミングでは、全く縁のない世界だし、
何ならWindows環境だって、
ここまですっきりと実装できない気がする

やっぱり、生まれがそもそもMS-DOSというか
8bit OSのCP/Mからのつながりというか。

------

あんまりやったことない分野だけど
コード書いた分進むので、それはそれで楽しい。

しかしまあ、これって、
いわゆるマイコン系から見ると、
とても初級者向けとは言えない範囲だよなあ...

物を作ってる側からすると、
こんなの出来るのは当然、って感覚
なのかもしれないが.....

普通の技術レベルからすると、
完全に置いてけぼりだよな

だからまあ、picoはlinuxを離れて、
普通のマイコンとして実装されたのかな、
とか考えたりする

| | | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

スレッドセーフ

じゃないライブラリをマルチスレッドで使うと、
(見える範囲で)リソース共有してなかろうが、
ロックしようが、結局メモリリークからは逃れられないのか....?

それでは次の対策行ってみようか...
スレッドセーフでないなら、別プロセスで動かせば
いいんだろ???

とはいえ、これだとプロセス間通信の実装が要るけど
それは、まあ、当初から想定の範疇だったけど。

というか、シングルスレッドなら確実に動くよな?
ってのをちゃんと見ておかないとな...

| | | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

ミューテックスと割り込み禁止

同じような動作にも見えるんだけど、
使うシーンは近い気もするけど
そもそもユーザーモードで本来の意味の
割り込みが使えるはずもなく、
色々違う挙動をしそうではある。

なんであれ、実際に動くものに実装すると
理解の速度と解像度が段違いだ

| | | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

デバイス

ここ数か月くらいラズパイの
カメラデバイスを
いじっていたのだけれど。

これが思いのほか高性能で、
イメージセンサとしての機能を
十分発揮できそうな気がしてきた

勿論、普段使っているような
フラッシュマイコンだと、まったく
能力が足りないんだけど

そこで、次にラズパイあたりが
ターゲットなんだけど
標準の3Bとか4だと、消費電力が
もうマイコンのそれじゃないので、
そもそも趣旨に合わなくなってしまう

------

そこで、ZERO系なんだけどコイツは
シングルコア1GHzのARM11、512MB RAMで
この環境でGUIを動かすのは、
まあ無謀と言っても差し支えない

そんなわけで、一般向けには
ZERO系の人気はさっぱりで、
そりゃそうだろ、という気持ちなんだけど
出荷は順調みたいだし、たぶん、
その筋の業界には、人気が高いんだろうな、と思う

今回、CUIベースで画像(データ)を
扱うような形で使ったんだけど
ああ、ZEROって、こういう向きに
使うんだろうな、っていう気持ちになってきた

------

動いちゃえばすんごく良いんだけど。

そもそもCUI環境で画像処理とか
よく考えなくても、参入障壁高すぎる
気はするな

でもまあ、動き始めたのを見てみると
十分、今の現状の前提条件をひっくり返して
ゲームチェンジが起きそうなレベルではある

| | | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

STM32のLPTIMのエンコーダーカウントモード

ああ、これダメなやつだ....

これで、LPTIMのエンコーダーモード、
そのうち廃止する、なんて
リファレンスマニュアルに書いてあるのか

------

良く知らない人がエンコーダー用の
位相カウンタ作ると、やらかすやつだな...
一見うまく行きそうに見えるんだけど、
実際にはミスカウントが多発するんだ。

よく考えるとわかるんだけど、
一方向の回転にしか対応できない。

いや、一見、逆回転も読めるんだけど、
一回カウント始めたら、途中での逆転は許されない。

逆転したいときは、いったんカウンタの
リセットからやらないといけない。

-------

まあ、実に初心者がやりそうな
ポイントではあるんだけど。
製品レベルでもこんなもんなんだよなあ。

知ってりゃ対策はなんてことないんだけど
もうペリフェラルがこういう
設計でできてる時点でどうしようもない。

------

普通のTIMはちゃんとしてるっぽい。
TIMとLPTIM、別部署?別担当が作ってるのかな

センサーとしてのエンコーダーはつなげられないな...

入力デバイスとか、誤カウントが特に
問題にならないような用途向けならだけど
そんなものに、わざわざペリフェラルの
タイマーなんて割り当てないんだよなあ...

| | | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

画像処理?の事始め

231230

色々思うまま、いじってみる
なるほど、こりゃ、
直近のテーマとして手ごろだね

あれこれ連携して、いじったりできそうだし
データとしては同じものでも、
見せ方次第で、なんかやってるって感じになる

見える化は、なんだか大事だねえ。

------

でもまあ、これに限ってやるだけなら
もう、ありとあらゆる方法があるんだけど。

これを目的のものに落とし込めるかどうか、は
かなりめんどくさい話だ。

------

でもまあ、そっちは本業?だし
いくつかのクリティカルパスは
手管を使って、通過すればよさそうだ。

そっちのクリティカルパスのほうが
よっぽどっか性質が悪いけれど、
すでに過去に検討済みなので。

| | | コメント (0)

2023年12月27日 (水)

親機子機兼用 wifiアダプタ

ラズパイいじるにあたって、
ルーターが必要になってくる

普段は自宅のルーターにラズパイを
つないで使っているのだけれど、
運用するようになってきたら、
固定ルーターを持ち歩くわけにもいかないし

拠点ごとにルーターを持っていて、
それぞれ運用してはいるのだけれど
それ以外の環境でももちろん使いたくなる

------

なので、親機(AP)モードを持っている
wifiアダプタ、ドングルを
導入しようとしたのだけれど、
今どき、さっぱりこの手の
機種が無いことに気づいた。

なんだか、win10あたりで各社
商品企画から外したっぽいな....

確かに使える(net)条件が微妙に
厳しくて、一般の人にアピールするの
それなりにクレームリスクがありそうだ


まぁ、海外製なら有るにはあるんだけど
ちょっと、イマイチ、惹かれない。

------

なので、今の時点で入手できそうな
もので構成してみる

Img_20231227_064056249

Ether付きのUSB HUB+エレコムのルーターWRH-300BK3-S

以前は、WMR-433W2をよく使ってた時期も
あったんだけど、最近さっぱり店頭で見ない。

もうこういう小型ルーターの需要も少ないのかな

-----

これで行けるはず、だったのだけど、
APモードの設定にしても、ルータの
DHCPサーバーが動き続けている....

ファームのアップデート実施しても
改善しない
これは困った....

で色々調べてみると
設定ページのソースを改ざんして、
隠されている項目を表示させて
設定を有効にできるようだ

まあ、これはいかにも
ハッキングな方法だなあ。

とりあえず所望の動きはするようになった

------

これ、こうなってるとAPでの動作に
問題ありありなんだけど、
やっぱりクレーム回避で、
設定の制限してるってことなのか

危険な設定もできるし、やっちゃったお客からの
手間ばかりかかるクレーム?対応に
手がかかるって判断なのかなあ

自分の面倒、自分で見れる人だけ
触ってもいいです、って書いたり
するわけにもいかないし....

------

ま、ともあれこれでどこでも
ノートPCとこいつで、ラズパイ
運用できそうな感じにはなった

そのうち、怪しげな切り替え可能
wifiドングルが手に入ったら試してもいいだろうけど
とりあえずこれで回していこう

USBポートも増設出来て、
これはこれで便利だ

これにさらに小型スイッチングハブ
でも抱かせると、また別のこともできそうだし

| | | コメント (0)

2023年12月24日 (日)

正論

なにか議論するときに、
正論のぶつけ合いをしたりするんだけど。

正論って、なにか判断迷ったときに
リファレンス(のひとつ)として使うには
良いと思うんだけど、
結局、何も前向きなことは生み出さなかったり
という印象

でも、口にするときは、正論、
気持ちいんだよね。

正義を主張している、って潜在意識が
あるんだと思う

------

議論のための議論、
娯楽としての議論ならまあいいけど。

なにか生産的な話し合いをする場に
初手から正論持ち出すのも、
そんあこたぁ分かってる、って話だし
時間の無駄なような気もする。

まあ、そっから話をしないと
万人は分からない、ってもの
また確かだけど....

不毛な感じがして、ちょっと疲れたり

| | | コメント (0)

2023年12月23日 (土)

ツールプログラミング

本体よりも、受け側のツールのほうが
重要なのだけれど

231223_20231223213801

本来とは全く違う用途のツール、
環境を持ってきてみる。

ああ、こりゃずいぶん簡単にできるな
まとめてちゃんとレイアウトすれば
本当に進められそうな気がしてきた

| | | コメント (0)

2023年12月20日 (水)

JLC PCB

最近安いとのことで、自分用の基板を頼んでみた
両面、2種類、15枚ほど
データアップロードしてから、届くまで10日
送料込みで、¥1000ちょい?

231220

ちょっとこれ、信じられないくらい安いな...

でもまあ、当然だけど
何の問題もないように見える。

------

これって、商業的な文化みたいなもんだと思うんだけど。
多分、このサイズの基板なんて、
定尺で作る基板の余白、あまり部分で作って、
実質コスト0、なんだとは思うんだけど。

実質コスト0で物が作れることと、それを商品として
出す判断をするのって、ちょっと違う
レイヤーの話だと思う

こういう商売にgo出してるってのは、
なんだか自分の認識の外側にある感じだ。

まあ、小さくて、数も少ないから、
広告宣伝のため、って割り切りなのかもしれないけど。

------

趣味としてはありがたい話だから、
サ終まではありがたく利用させてもらうけど

これ、基板設計スキルは要求してきて、
そこが一番難関だけど
すでにユニバーサル基板すら、脅かされている感じだよなあ

| | | コメント (0)

2023年12月19日 (火)

Raspi CAMERA

ああ、なるほど
なんとなく分かってきた

231219

こりゃ、印象よりも簡単に扱えるな....

まだまだ作りこみは要るけれど、
多分、必要なことは出来そうな気がする

こういう時期が一番楽しいんだけどね。

------

ちょっと調べたくらいだと
この方法に行き当たらないんだよな....

なんというか、もっとお手軽な方法は、
山ほど出てくるんだけど。


お手軽な方法だと、簡単に動くんだけど、
で、これをどうすればやりたいことに
つなげられるの?ってのが分からない。

いや違うな。

わかるんだけど、とんでもなく
リソースを要求してきて、
手持ちの道具だと、とてもじゃないけど
形にならない気がしてくる。

確かに動かすのは簡単だけど、
次のステップが難しくて、
先に進まない、進められない


どうしても、ってなれば、
皆、もっとリッチな環境に移行するか
まあ、諦めるか、ってなってそうな感じも


------

いや、紹介している人たち、
悪気はないんだと思うけど、
これが実際には参入障壁になっている気もする。

実際、こういう手間で使えるんなら、
もっとみんな使ってる気がするんだけど。
現実にはやってる人を見かけ無いわけだし。


まあ、それはそれで、
出来る人だけの楽しみで、良いのかもしれない

もうちょっと進めてみよう

| | | コメント (0)

2023年12月18日 (月)

Raspiとsocket

Raspi Zeroを色々いじる
今日はSocket

まあ、以前にも何度も実装しているので
過去のコードをちょっと直す程度

それでもサクッと実装して
サクッと動作確認

やっぱ、unix環境はnetとの
相性が良くて話が早い

------

マイコンレベルだと、ちょっとどうかな?
って感じの処理をさせてみるけど
さすが、旧コアのARM11とはいえ、
1GHzのパワーか、
全然、物ともしないなあ

やりたいこと、サクッと実装できそう

部品集めてみようか...
実はこれ、すごくシンプルな
話になるのでは??

| | | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

ラズパイとカメラ

最近?ちょっと前から?
ラズパイとカメラを触って遊んでいる

これも、なんというか...
簡単に使えるような方法はあるんだけど、
その方法を使っちゃうと、その(次)に
つなげにくいんだよなあ...


もっとこう、展開が見込めるような
方法あるはずなんだけど...
といって、色々当たるとちゃんと出てくる。

ま、確かにこういう方法で使うのは、
初心者?には敷居が高いんだけど。

でも結局、最終的にどっちがいいの?って考えると。

あまりにもお手軽な手法ばっかり
前面に出てくるのって、
結局発展を阻害している、
殺してるって感じを受ける

------

これ、普通に世間でよく出てくる方法だと
まあまず成立しないよな、って感じだし、

逆にだからこそ、ってので、
惹かれるところではあるので。

------

この割と低レベルのところからくみ上げて、
そこそこ上位レイヤーとの連携をするってのは
楽しめる人を選ぶよなあ、とは思う。

なので、わかる人だけ楽しめれば
いいのかな、と

広く世間に、これ面白いですよ、
とアピールしても、反応はないだろうなあ...
まあ、反応が欲しくてやるわけでもないし

------

どこまで興味、意欲が続くかわからないけど、
面白くなってきたので、形にするべく
作業してみようと思う。

割とお手軽なものでできそうだし。

| | | コメント (0)

«ああ、