2018年7月18日 (水)

会合

とある会合に参加

時間的に差し迫りつつある案件なので、多少冗長でも並行して
進められる内容を提案しておいたのだけど、
なんか雰囲気があやしい。

どうも、並行して進められることがいまいち良くないらしい。

こちらの都合で、相手を振り回さないと、尊厳(?のようなもの)が
保てないという考えがベースにあるらしい。

あー、これ(そこ)かあw

あえてややこしくて、全部シリアルで順番に成立性を担保しないと
進まない方法に誘導しているな。

こんなの、蓋開けたら成立しませんでした。惜しい所で。
と、なったら...まあ、笑ってすますんだろうなあ...

参加各位のもったいぶりぶりに、ちょっと笑いが顔に出たかもしれぬ。

皆さん大変な仕事をしてらっしゃるようだ....


終了後、顔見知りの古顔に、さっきの件って、実はすでに
成立性を見切ったりしている?と聞くと、
全然考えてないとのお答え。

まあ、どこまで本当か分からないけど、あまりの予定調和に
今度こそ本当に笑ってしまった。

子供には見せられないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

ありゃー

https://www.youtube.com/watch?v=mYg9DfnXjWM

大変だ....と思ってよくよく見ると、おととしの車だ。
ボディパーツやカラーリングが今の車と同じにしてあるので、見た目、大変わかりづらい。

これは、ガソリン系だな...

助手席を増設して、誰か乗っていたみたいだったが
耐火装備は、ちゃんとしていたんだろうか。

なんにせよ、出火時には車内に居なかったようなので、
無事だとは思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

京都鉄道博物館

まえまえから行きたかった、京都鉄道博物館に出かける。
連休の上に、とんでもない気温のコンボで、えらい目に遭ったが...
ま、確かに行く価値はあった。

1807151

このあたりのSLの整備拠点でもあり、20台近いSLが並んでるのは壮観。

SHOWA製の新幹線のパンタグラフがあった。
これかあ...これも数奇な展開の物だったよなあ。
ここで巡り合うのか。

1807152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

採用活動

昔々、今はもう実体が無くなってしまった会社にいた時の話。

会社が大々的に募集した業種で、一次面接通過してきた
人たちの履歴書が回ってきた。 

このなかで欲しい人材がいれば、採用したい部署は
手を挙げるように、とのことだった。

しかし、当時のしょぼい事業部制のおかげで、スキル持つ人材は
喉から手が出るほど欲しいが、自分の所で抱えるリスクは避けたい。
という打算のため、誰も手を挙げなかった。

おかげで、一次面接通過にも関わらず、
二次面接実施されない、という状況を見て、
就活ってのもなんだか空しいなあ、
と思ったことを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

頼まれごと

ここしばらく、頼まれごとが多くて、一日そればっかりやってたりする。
それは、まあ、そういう役回りなんで、いいのだけれど。
実際、トラブル案件の方が断然興味深いし。

結局、みんな自分たちに必要なスキルを、自分の日常の範囲では
身に付けられない、ってことを表しているんじゃないか、とも思う。

自分のやってることなんて、そんなに特殊な内容
じゃないんだけど、誰にも手出しできないらしい。

それならそれでいい、と思っているのかと思うと、
手の内化だの、スキルアップだなどの、号令は色々出ている。

でもどうやったら、それらが実現できるか、なんてものは議論の
俎上にも上がらない。
うーん...そりゃあまあ、人材の流出は
避けられないよなあ、と実感したり。

そりゃ、目先のことが回避出来りゃいい(解決してない)、
って人がいても、それはそれでいいと思うけど。

技術的興味を満足させたいとか、色々思いがあって、
まだ時間が沢山ある若い人は、別の事を考えだすのは当然だよな、とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

ロケットスポンサー

発射が延び延びになっていた民間ロケットが落ちてしまったようだ。

まあ、残念だが、こういうことに失敗はつきものなので、
まだやる気が萎えてないのなら、頑張ってほしい所。

で、このロケット、個人スポンサーになれるみたいなんだけど、
いくらか出資したら、設計情報とか、実際の動作時の生データにアクセスする権利とか、
そういうコースが無いのかな。
スイッチ押す権利なんて、設定するくらいならね。

当然、機密事項の扱いに関する契約は結んでだ上で、
公にコメントも、もちろん禁止で。

個人としては、プロジェクトに手を貸すほど時間とかは割けないけど、
どんなシステムを使おうとして、結局どうなったかとか、
実際のデータを詳しく見れると技術的に楽しそうだ。

当事者にいちいち意見を進言したりも当然無しで。

純粋に技術的興味を満たすスポンサーとして、参加できる選択は無いのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

サービスコンセント

といえば、以前新幹線で驚いたことが。
今どきの新幹線には、窓際の席にサービスコンセントがあるんだけど、
朝始発の新幹線の自由席に乗ったら、向かいの若い女性がメイクを始めたり。

まあ野良メイク、どうかね、とは思うけど、
空いてるし、見苦しいだけで迷惑かけてるわけじゃないしね、

と思っていたら...カバンからおもむろにヘアアイロンを2本取り出して、
コンセントにブッ差し、ヘアメイクを始めるではないかw

なんか焦げ臭いし、公共交通機関で熱源作動させるとか、
もう、頭の中を開けて、中をみたくなるくらい驚いたり。

結局、車掌も通りかかることもなく、ヘアメイクは終了したようだが、
なんかヘアスプレー臭い...

今どきは、ああいうのが常識なのか、と、心底、いや心底驚いた。

ああいう輩が出てくるので、もうサービスコンセントはやめても
いいんじゃないか、と思っている。

自分も、新幹線や飛行機の中でマウスのソフト開発やったりするけど、
流石にはんだ付けはしないよなあ...
しかもアイロンなんて、はんだごての熱量とは比較にならんし。
逆に、あれだけの出力を取り出せるんだ、と勉強になったw

USBポート型電源ポートで十分だよ。
公共の場所では。 しかも、若干手加減気味で十分。
5V200mAあたりでトリップで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の機体

あれっ、777-200にしちゃ小さいな、と思ったら787-800だった。
おお、最新型、と思ったら意外とくたびれてるな。

180703

今回は、ぎっしりエコノミーに詰め込まれて移動。
まあ、仕方なし。

機内の席2つごとに一つ、PC用コンセントがあるんだけど、
なんか床から生えてる、取ってつけたような鉄の板金の箱についている。

あー、サービスとして、後から付けたのね...って感じが強いんだけど、
周りを見ても、誰も使ってない。

みんなスマホ2台とか持ち込んでて、
USBのポートの方は、充電用に大人気みたいだけど。

だれもPCなんて使わないってことか。
サービス見誤ってるなあ、って感じが強い。
ただでさえ、エコノミーのシートは狭いので、
PC開けるスペースはほぼないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

今日の機体

B777-200かな

180628

今日は6時間ほど。
マウスのログデータのの構造でも考えながら行こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

明日から

久しぶりに外仕事なんだけど、久しぶりすぎて何を準備するんだっけ、となっている。
まあ、多分、パスポートだけあれば、なんとかなるとは思うが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライトアップ

東京スカイツリーは、演出も含めてCG感が半端ないと思っているけれど、
こっちはまた別の方向で趣がある。

180621

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

今日から

私もCheese?
180624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

ふむ

合理的な変態性とは...

1mm厚以下の基板に、リチウムポリマーとモーターを取り付けて、
3m/sec以上で壁に激突させている競技のことですね。

いや今更、何を躊躇することがありましょうかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県公立高校入試数学 問3

話題になっている。

これ、試験問題慣れしてないと難しいな...
塾通いして、問題にたくさん当たってないと解けそうもない。
あるいは、天才的にひらめくか。

今一つ公立高校の共通問題としては、良くない気がするな。
基本を分かっていれば解ける、って感じじゃない。

確かに使っている数学は、中学の範囲みたいだけど、問題は大学入試みたいだ。

論評だけではなんなので、自分なりの回答

(1)
点Cから線分ABに垂線を降ろし、交点を点Eとする。
線分ABとy軸との交点を点Fとする。

△ABCの面積が20cm^2なので、線分CEの長さは4cm
CE=4cm, CF=5cmなので、EFは3cm
AE = (5+3)cm, CE = 4cmなので、
a = 4/(5+3) = 0.5

(2)
直線の切片は、25/2+5/2=15
y=0.5x^2とy=0.5x+15の交点は、(-5, 25/2)、(6,18)
点Cの座標が(3,25/2+4)

(3^2+1.5^2)^0.5 = (9 + 9/4)^0.5
= (45/4)^0.5
= 3/2*5^0.5
= 2.236*1.5
= 3.354(cm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

ログビューア

マウス合宿の時のK峰さんの発表の、マウス専用ログビューア。
なかなかいい感じだ。

現行機がまともに走る前からなんだけど、自分でもログビューア作りたくなってくる。
こういうの、絶対便利なんだよな。

まあ、現行の検証機では、ロクなメモリを積んでないから、
ログ取れても数秒だし、本番機が出来てから考えればいいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

学問

学問は、芸術、音楽あるいは自動車レースなんかと同じく、生活は自力でできて、
さらに余力のある人が、嗜むもんだと思っている。

生活基盤のない人が、貧乏してやっても、ロクなことにはならない。
自力で生活できないなら、自力でパトロン見つけてやるかだね。

------

学問の内、極々一部が産業にとって重要で、そこを国とが買い上げる、金を出す
ってのは、まあぎりぎり理解できなくもないけど...

しかし、基本的にそんなことを始めたら、無限に等しい数だけある
学問の各分野に、公金を出さないといけなくなる。
現実的には、そんなことやっとられるか、ってのが印象。

奨学金を含め、最近の学問関連のありがちな主張には、違和感を感じている。

言いたくない事情で困っている、ってことをすり替えているんだとしたら、
気の毒だとは思うけど、それでも、自力で何とかするしかないと思うんだけど、
違うかなあ。

------

自分の経験だけど、

過去に、これどうやって将来生活するの?って収入で、半分趣味みたいな

仕事をやっていたんだけど。

よくよく見ると、周りは、特段自分が仕事しなくても生活できる
(実家が資産家とか)、ってのが沢山いた、って経験が。

本当に一生仕事しなくても食べていける
システムを持ってる人はたくさんいるし、

自分がそういう境遇にいないことを、
他者(国とか)のせいにしたりするのは、ばかばかしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

講習会内容

基本的に、一発ネタではありますが...

場的にどうかな?と思うこともあったのですが、

皆さん、割と意味合いは理解してもらえたようで、なによりでした。

こういったものは、送り手と受け手のコンビネーションあってのものですし、
資料作った甲斐はあったかな。

さて、明日からまた仕事...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講習会資料

リンクでないほうが見やすいかも
フォントが微妙なのは、どうしようもないのかな
*(一部、拾い物画像削除しました。内容は変更有りません 6/18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

うーん...

過去に何度もダメ出しをしては、決裂?してきた(一連の)プロジェクト。
なんど三下り半をたたきつけても、いつのまにか忍び寄ってくる。
ここのところ、ダメ出しをせずに見に来てほしい(??)みたいな空気を、
ものすごく遠回しに感じる...

ツンデレは、美少女に限って受け付けてるんだけど。

なんとも困ったものだ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

電子承認? 続き

先の電子承認と称する手順、やはりあまり手順の煩雑さから、紙に戻そうという動きがあるようで、なによりというか、さもありなん。

そもそもなんでこんな話になってるのか聞くと、承認システム管理の
各所の意見の最大公約数をとるとこうなった、という。

紙ベースで最適化されている仕組みをいじらず(いじれず)、
PC上のいつもの汎用文具で何とかしようとしたのが事の発端か。
生産性というものを、日々翻弄し続けている、
各種エクセルシートなんかと同じ構造で生み出されているわけだ。
いつもの日常風景といえば、そう。

そもそも業務専用のシステムを作っても、
うまく機能させるのはなかなか難しいものだ。
そういう風に使うものではないMS Officeで、それっぽくする、
とか発想(いや仕事スキル?)が貧困な気がする。

それ自体は好き好きとも言えるけど、一つ決めると
一律それを使わなきゃいけない構造が厳しい。

まあ結局実体は、みんなズルして、スルーしたりしてるんだけどね。実務だなあ。

------

なにか目的があるものは、それに適した方法をとればよいと思っているので、
紙に自筆で最適化されているシステムなら、それでいいんじゃないか、と思う。

構造をいじらず、実装方法だけを変えても、苦しむばかりだ。
苦しむのは勝手だけど、巻き込まないでほしいなあ。

プログラムだって、ポインタ使わなきゃいけないなら、
わざわざJAVAで実装しないでしょ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

空路

帰宅に空路を使ったのだけれど、雷雨とかで到着が大幅に遅延。
そりゃま、新幹線だって豪雨の時は遅れるけどさ...

空路の何があれかというと、到着してからの残りの経路が長いのだ。
案の定、当てにしていたバスなんて、とっくに最終便が出ている。

予想もしなかった経路で、ひいこら帰宅。
帰れただけでも良しとするか。

タイミングと状況では新幹線よりも安いんだけど、
やっぱり確実性には欠けるなあ。
でももう一回くらいは使ってもいいかな。

------

出発地にて、満席で、便を振り替えてもいい方には、¥10000と、
振替分のチケット出します、なんて、まあよくあるアナウンスがあった。

気づいたけど、これってキャンセル待ちの客が何人も待機してる、ってことだよな。
キャンセル待ちなんて、当日購入だし、当然支払いは正規料金だな。

航空機は早割りやらなんやら使えば、相当安くチケット買えるし、
実質タダで乗ってる客も多い。

要するに安いチケットで乗ろうとしている客を釣りあげて下ろして、
高い客で席を埋めようという試みなのか、と思い当たった。

どうせ振替先の便は空席有ってのことだろうし(どうせ空席で飛ばすなら、
そこに振り替えても追加コスト0)、差額を考えると、¥10000でも全然見合う。

購入方法で大きく価格が変わる空路ならでは、なんだな...
なるほどビジネスだなあ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

あれっ

なんだかいろんな話が舞い込むなあ、と思ってふと気づくと、
10月頃までの予定表が酷いことになっている。

期間の1/4ほどが海外だ...
まとめてじゃないけど、月一毎くらいで、合計一か月ちょいか。
なんだか人使い荒い...

ちょっと真面目に趣味やってると、なんでか邪魔が入るなあ

大会日程は死守したいが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

磁気エンコーダIC

磁気エンコーダーICとして、MA700を使っている。
3mm x 3mmと、小さいパッケージなのが選定理由。

このIC、SPIでデータを受けると分解能12ビットだけど
(16ビットデータの上位12ビットが有効)
位相パルス出力では各相256パルス/回転になる。
4逓倍でも、1024パルスで10ビット相当。

このあたりの表記が入り混じって、いったい何ビットなんだ?という感じになる。
まぎらわしい...

消費電流は、磁気エンコーダーICとしては少ない部類だけど、
それでも、片方あたり3.3Vで8mA程度も流れる。
CPUよりも多い...

この辺何とかならないかなあ、と思うけれど、なかなか良い解決策が見つけられない。

あと、電源電圧に対して、ちょっとシビアな気がする。
リポ1セルだと、ギリギリ感が強い。
この辺もなんとかしたいのだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

24時間レース

ひさしぶりに開催されているようだ。
とか、言わなくても先日この件で現地にいたんだけど。

ストリーミングでながら観戦中。


まあだいたい、こういったものは、実際に準備するスタッフよりも、
周辺の人たちの方が、熱心に現地に居たがるものだ。
まあ、なんとなく気持ちは分かる。

ので、本当に当日ルーチンワークのあるサポートスタッフ以外は、
意外と、始まる前に帰ったりする。

自分も24時間レースの”前日まで”なら、色々なところに出かけたが、
今回も例にもれず。

こういった時は、現場の入場制限(パスの枚数)もあるし、宿も高い。
どうしても行きたい人が行けばいいのだ。
どうせ始まっちゃったら、何もすることは無いし。
いや、本当にやること(できること)ないんですよ?

------

というわけで、24時間の現場にいたのは、過去2回か。

最初の1回は色々思い出深い。
こんなのをやっていた。

026

当時、市販車発売と同時にイベント参加。
結果もなかなか良かったし、
なにしろまあ、好き放題色々なものを作って、放り込んだし。

物を作っただけでなく、実際参加してみて、実に色々な経験になった。
24時間レースについては、色々思う所が出来て、
ものすごくいい経験だった。

またこういうのをやりたいなあ、と思う。

この時デビューのこの車両。
同型が同カテゴリでまだ現役で走っている...ここまで引っ張られるとは、
息が長い。

117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

電源回路

必要なコンデンサを付けるのを忘れていた...

組み立てが難航して、チェックを繰り返しながら進めていたので、すっかり見落としたか。

とりあえず取り付けると...案の定、色々挙動が変わる。
調整しなおしか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

早朝デバッグ

今日も朝移動で外仕事だけど、夜明けとともに起きて
時間の許す限りデバッグ作業
ログを見ながら姿勢制御の変数の怪しい挙動をデバッグ。

やっと一つとれたかな...
制御開始と停止の境界で、変数の初期化漏れが原因だった。

特定の条件で制御を止めたり動かしたり、ってのは美しくないし、
数が増えるとロジックが穴だらけになるのでやめたいんだけど。

全体を一様に扱えるようなロジックを思いつかないので、
いまだに条件付けで動かしたり止めたりをやっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

作業は一進一退

毎日ちょっとづつでも、と思っているんだけど、やっただけ進む、というものでもない。
センサが目途が立ったら、こんどはどうやらバッテリっぽい。

まあ、もともと色々無理筋の部分はあるんだけど...
容量考え直すかな。

そうすると、いまの形状に収まらないなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

反射光センサの受光回路

マイクロマウスで、壁の有り無しや距離を計測するのに、
反射光を使ったセンサが使われている。
80年代には、すでに使われていたようだ。

定番回路として、森永さんのBasicMouseのものがよく引き合いに出される。
実際良くできた回路で、最初見たときは感銘をうけた。

ただ、どうも話題に出るのは発光部の方ばかりのように感じる。
発光側にもすばらしい工夫もあるのだけど、
やはり受光側の回路が秀逸だ。

まあ、部品点数が多いのは確かなんだけども。

近代のハーフサイズなどでは、受光部は素子と
負荷抵抗だけ、なんてのが一般化している。

まあそれでも動くんだけど、やっぱり妥協している
部分はあるわけで。
センサで苦労している部分は、そこなんじゃないかな
と思ったりしている。

-------

環境光の強さで、受光素子の応答が大幅に変わるのは
よく知られているけれど、
これをソフトウェアで補償するのは、かなり難しい。
結果、皆、走行直前に、センサ調整に励むようになる。

件の受光回路には、ピークホールド回路が含まれていて、
(おそらく)応答速度の変化に対して寛容な設計になっている。

ピークホールド回路に含まれるダイオードの
順方向電圧降下分を補償する回路にもなっていて、
色々工夫が仕込まれている。

回路的な解説は、発光部以外では見たことはないし
やはり、回路が(マウスとしては)複雑なのも相まって
敬遠されているのだろうか。

------

昨今の小さな受光素子は、なかなか難物で
回路的な工夫を要求してくるような印象もあるし、
受光回路の解説も、あってもいいんじゃないかな、
とおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

講演資料編集

今日は休みを取って、諸々所用を済ます。

午後からは、マウス合宿の時の講演資料を作る。
マウス関係の発表なんて、いつ振りだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

展示会

今日から始まっている某展示会に出向く。
まあ近所だし、本業の分野にマッチしているので。

なにも考えずに出向いたのだけれど、なんか会場に入る前から、
昔の知り合いに多数遭遇。

前の職場のボスとか、20年以上前に一緒に仕事していた人とか...

まあ、皆だんだんとリタイヤして、次の仕事を始めたりする時期だからか。
申し合わせていたわけじゃないけど、なんか、大勢と名刺交換したりとか。

まあ、人のことを言えた状況ではないんだけどね。

その後、マウス会合。
こっちも盛りだくさん。
今年は例年とは違う方向で忙しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«えっ...